1. 目の下のクマ改善方法
  2. 3 view

目の下のクマがずっと消えないのは遺伝のせいかも?

睡眠不足や疲労で目の下にクマができることもありますが、小さい頃からずっとクマがある人も存在します。

どんなに休養しても目の周りをマッサージしても消えないクマは、遺伝が原因かもしれません。

「え!?クマって遺伝するの?」

と驚くかもしれませんが、実は目の下のクマやたるみは遺伝によるものもあるんです。

生まれついての骨格の作り、脂肪の付き方、皮膚の性質は親からの遺伝が大きいもの。

クマができやすい体質というのも存在するのです。

また、小さい頃からうっすらとあったクマが、年齢を重ねるごとに濃くなっていくこともあります。

加齢や紫外線の影響により、クマがどんどん濃くなっていくのです。

遺伝によるクマに改善方法はあるのでしょうか?

f:id:oyakudachinomori:20160523165559j:plain

セルフケアではなかなか改善できない遺伝性のクマ

小さい頃から目の下にクマやたるみがある場合は、セルフケアでは改善が難しいです。

元々の体質から来るものなので、蒸しタオルで温めても、マッサージをしても、クマを取ることは難しいと言われています。

女性ならメイクで隠すという人もいますが、男性だとなかなか難しいですよね。

また、クマを隠そうと逆に目の下を刺激し過ぎてしまい、クマを悪化させてしまう事もあり得ます。

食生活の改善や、頭全体の血行をよくする運動などで、改善したという例がありますが、遺伝的に皮膚が薄いなどがクマの原因だとすると、自分でどうにかするというのは限界があります。

f:id:oyakudachinomori:20160523165605j:plain

どうにもならないクマはクマ専門外来へ

クマで悩んでいる方は、今までにも色々な方法を試してきたと思います。

クマの専門外来があるのをご存知でしょうか?

240 F 193914980 cnzKiL6tFWFDubdMuLrgL6yviAo0sAgL - 目の下のクマがずっと消えないのは遺伝のせいかも?

なるべ切らずに、目の下に脂肪を注入することによって、クマを改善する方法です。

薄い皮膚に血管が透けてしまうからクマとなって表れるので、目の下に脂肪を入れることによって透けなくなります。

たるみがある場合は、一旦、たるみを取ってから脂肪を入れなおすこともあります。

メスは使わない方法ですが、数日は腫れることがあるそうです。

保険の効かない方法なので料金はかなり掛ってしまいますが、どうしてもクマを消したい!という方にはいいかもしれません。

メールでクマの画像を送れば、具体的な治療方法や治療費を提案してくれる病院もあります。

メール相談については無料という所もありますので、悩んでいる方は一度相談するのもいいと思いますよ。

病院を選ぶ際は、なるべく実績があって、体験者さんの口コミがいい所を探してみてくださいね。

目の下のクマ改善方法の最近記事

  1. 目元クリームでクマにいいのはどれ?目元クリームの選び方とは?

  2. 目の下のクマがとれない人の特徴とは?5つのチェック項目!

  3. 目の下のクマにはパックがおすすめ!ノンクマでクマを消そう♪

  4. 目の下のクマが上を向くと消える人と消えない人がいるのはなぜ?

  5. 目の下のクマはうつ病でもできることがあるって本当?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP